港南区の自宅のお風呂場のリフォーム|リフォームをお考えの方は、港南区の有限会社古山建装にご相談ください。

有限会社古山建装
  • Home
  • company
  • 求人
フリーダイヤル

faq

港南区の自宅のお風呂場のリフォームを考えています。

港南区で築20年の一戸建てに住んでいます。 タイル張りのお風呂なのですが、冬場の寒さが体にからだにこたえるようになってきました。浴槽自体はまだまだ現役でこれからも使えそうなのですが、洗い場の床面や壁面には少しばかりダメージが出てきているようです。掃除をしてもきっちりと綺麗にすることは難しくなってきました。一度お風呂場のリフォームをしてみようかと家族で相談しています。お風呂場に関して、最近の流行のようなものはありますか?アドバイスをお願いします。

answer

TOTOのほっカラリ床が人気です

浴室の床というのは、樹脂製のもの、タイル張りのもの、いろいろとありますが、最初の一歩がひんやりしてしまうことに少し抵抗のある方も多いと思います。
冬場はただでさえ寒いのに、ヒヤッとする瞬間は極力避けたいものです。
今回はTOTOが開発し販売している「ほっカラリ床」をご紹介しましょう。
「ほっカラリ床」は断熱素材と表面素材をうまく組み合わせ、なおかつクッション性をもたせたお風呂場用の床材です。
床材自体に断熱効果があり、ご相談にあるような冬場の寒さを抑え、足元から冷えが生じること徹底的に抑えます。
FRP製の表面シートと発泡ウレタンを使用した断熱クッション層の組み合わせで、滑りにくく、膝をついても痛くない畳のような適度なクッション性のある床材を実現しました。
万一の転倒の際にもダメージは少なくなりますし、普段から脚部への負担を抑えることができます。
また撥水効果にも優れていて、翌朝にはカラッとして水気がなくなり、カビの発生も抑制する効果もあります。
今、全国的に人気の風呂床材です。
電気などを利用しない、純粋に床材だけで上記の効果が出るので、交換費用の他に費用はかかりませんので、手軽に取り入れられるのも魅力です。
ご検討されてみてはいかがでしょうか。

PageTop