港南区のリフォームならお任せ下さい。

有限会社古山建装
  • Home
  • company
  • 求人
フリーダイヤル

港南区のリフォーム【ポイントとFAQ】

私たちは横浜市港南区で各種リフォーム工事を行っていますが、会社立ち上げたのは長年塗装職人をしていた住宅のことを知り尽くしたスペシャリストです。
当初は塗装に関わる工事を専門に行っていましたが、現在では外装、内装、外構全てのリフォームに対応できるようになり、工事に使用する資材の仕入れも地元の材木店などから賄っていることもあり、経費を抑えて安心価格で工事を提供しています。
現在の代表は2代目ですが、塗装工事の責任者として現場で作業をしており、高い技術と豊富な知識と経験により、お客様に満足を届け続けています。その証拠にリピート工事依頼が多く、既存のお客様からの紹介もたくさん頂戴しています。

港南区のリフォーム

代表だけではなく、工事を行うのは高い技術力と豊富な経験をもつ職人ばかりで、アフターフォローも万全なので、安心して各種リフォーム工事を依頼できます。
たとえば、得意な外壁、屋根工事であれば、工事前に無料で診断をして、状態に合わせた最適な施工方法を提案し、ご納得してもらえたうえで作業を開始します。
完全自社施工なので余計な中間マージンが発生することもありません。その他の工事に対しても見積りは全て無料で行っているので、まずはお気軽にご相談ください。

01リフォーム工事の流れとは

リフォーム工事を請け負う業者は、リフォーム専門業者の他にも、工務店、ハウスメーカー、建設会社、設計事務所など多くの候補が挙げられますが、工事の流れはどこに依頼したとしてもほぼ一緒です。
リフォーム工事を行うためには、まずは依頼先選びからはじめることになりますが、現地調査と見積書などの提出は、大概無料で対応してもらうことができますので、ここまでは複数社を候補にして相見積りをとることをおすすめします。
その方がいろいろな業者の話も聞くことができますし、希望するリフォーム工事の相場も把握できることになります。
見積書や提案されたいろいろな事項から依頼先を決めて、一社に絞れば契約を交わします。契約後は詳しい工程を決めるために再度打ち合わせをして、着工日を決めてその日がきたら施工開始となります。
リフォーム工事ではよほど大掛かりでない限りはそこに住んだままで工事をしてもらえるので、できるだけ作業の進み具合や打ち合わせ通りに工事が行われていることを確認することをおすすめします。
工事が終了したら間違いや不具合がないことを確認して工事完了となります。その後支払いを終えて、定期的なメンテンナンスをしてもらうのが一般的なリフォーム工事の流れです。

02初めてのリフォーム工事では何に気をつけておけばいいか紹介

初めてリフォーム工事を行うときには、イメージの整理と資金計画をしっかり行うことがポイントになります。これをないがしろにしてしまうと、後悔することになる可能性を高めてしまいます。
プチリフォームなら後悔の度合いも低く抑えることができますが、工事の規模が大きくなれば、取り返しのつかないことになってしまいます。
リフォーム工事業者をどこにするかも工事を成功させる大事なポイントですが、いかに自分のイメージを正確に伝えることがより重要です。
確実に伝えるためには言葉ではなく、写真や現物を見せなくてはいけません。ショールームなどがあれば一緒に行って、なければインターネットや雑誌などを見せましょう。
資金計画に余裕をもつことも大事で、こうして欲しいというイメージがしっかり伝わっても、予算に合わなければ打ち合わせをして妥協点を探らなくてはいけません。
前もってリフォームにかかる費用と諸経費を洗い出してもらって、概算ではなく正確な見積書を出してもらってから工事に取り掛かりましょう。
そこに住む家族全員の意見も聞くことも、本当の意味でリフォーム工事を成功させることにつながります。

初めてのリフォーム工事では何に気をつけておけばいいか紹介

03リフォーム工事を行うときに良くある3つのお悩み

1.リフォーム工事を成功させるには
リフォーム工事を成功させるためには、腕の良い信頼できる業者を選択することなども重要ですが、どんなに優秀な工事業者でも、依頼主の意向をしっかり確認しないと工事を成功させることはできません。
リフォーム工事をはじめる前には、自分たちの要望や条件をきちんと施工業者に伝えることが大事で、打ち合わせに時間をかけなくてはいけません。

2.リフォーム工事のミスをなくするには
リフォーム工事のミスをなくするためには、業者との打ち合わせの際の認識のズレが起きないように、書面で残しておくことが大事です。
優良な施工業者は、打ち合わせの内容をその都度残して両者で共有するようにします。口約束は危険なので、どんなに信頼を築いたと思っても必ず書面に残しましょう。

3.工事後のトラブルを避けるには
工事後のトラブルを避けるためには、きちんと完了検査に立ち会って、間違いがないことをその場で指摘することが大事です。
完了検査でOKを出すと、その後の責任は依頼主が負うことになるので、この作業は思っているよりも大事なことを認識しながら確認を行いましょう。

04住宅で行われる断熱リフォームの種類を紹介

住宅で行われる断熱リフォームの種類を紹介

夏は暑くて冬は寒いのは当たり前ですが、断熱材を有効に使用することにより、家の中を夏は涼しく保つことができ、冬は暖房の温かさを逃がさず快適に暮らすことができるようになります。
すでに住宅を建てている方でも、断熱リフォームを行えば、これまでしていた結露も抑えることが可能になります。
家の断熱がしっかり機能していないと、エアコンの効きが悪くなり電気代も高くなってしまいます。また、壁などにはカビが生えやすくなり、結露も発生しやすくなります。
断熱リフォームの種類としては、屋根や天井や外壁などを部分的に修繕する方法や、家全体を修繕する方法があります。工事を行う範囲によって、工事費も工期も大きく変わってきます。
部分的に断熱リフォームを行う場合の一般的な修繕費用は、大概は数十万円で収まりますが、場合によっては100万円を超えることがあります。
これに対して一戸建て住宅を丸々一棟断熱化すれば、300〜500万円以上かかることもあります。特に外壁や屋根の断熱リフォームは大掛かりな工事になるためそれなりの費用もかかり、工期も大体2週間から1ヶ月程度はみなくてはいけません。
これに対して天井裏に断熱材を入れるだけなら、費用も安価で工期も2〜4日程度と短くなります。

05横浜市港南区から各種リフォーム工事を提供

神奈川県横浜市港南区に拠点を構え、横浜市を中心に各種リフォーム工事に対応しています。
港南区は横浜市を構成する18行政区の一つで、その名の通りに市の南部に位置していて、人口は2021年7月時点で約21万5千人となっています。
山が街の全体を包み込んでいるような豊かな谷戸地形のエリアで、区内には京浜急行本線と横浜市営地下鉄とJR根岸線の3路線が乗り入れているため、横浜駅や東京方面のアクセスも良好です。
港南区では再開発事業が積極的に行われていて、街並みがどんどん近代的に移り変わっていますが、伝統の地場産業もしっかり残されています。
区では古き良き港南のまちの魅力を再発見する取り組みもいろいろ行われていて、産地地消の推進などにも力を入れています。
港南区の中心エリアである上大岡駅には、百貨店をはじめとした大型商業施設がたくさんあって、横浜駅まで行かなくてもショッピングを完結できるようになっています。
上大岡駅から東京の品川駅まではわずか4駅26分程度で行くことができ、交通の利便性もかなり良好で、都市生活を送りたい方には区内でもおすすめで人気のエリアとなっています。

06家の一部屋をリフォームする場合にかかる費用相場は?

家全体ではなく、子供部屋や寝室などの1部屋だけをリフォームしたいという方も少なくないと思いますが、実際にリフォームに踏み切るときにはどのくらいの費用がかかるか気になると思います。
1部屋と言っても、大豪邸の何十畳もあるような部屋をリフォームして高品質な材料を使用すれば当然かなりの費用がかかってしまいますが、ここでは一般的な6〜10畳ほどの部屋をリフォームする場合の費用相場を記載します。
同じリフォーム工事でも、洋室と和室ではリフォーム費用の相場が異なり、和室であれば畳の交換や壁材の塗替えなどで10万円以下やそれを少し超える程度でできる工事も多くなっています。

家の一部屋をリフォームする場合にかかる費用相場は?

それに対して洋室全体をリフォームする場合は、20〜50万円程度が相場となっています。ただし、和室から洋室へとリフォームする場合は。50〜100万円程度が相場となっていて、洋室から和室にリフォームする場合でも最低30〜40万円はかかると思っていた方が良いでしょう。
リフォーム工事にかかる費用をできるだけ抑えたいなら、依頼先をどこにするかもかなり大きなポイントで、まずは複数社から見積りをとって、焦らず信頼できる業者を探してください。

07リフォーム工事に関することで知っておくべき3つのポイント

01気になることは曖昧にしない

新築とは異なり、リフォーム工事は壊してみなければ分からないことも多く、依頼する側だけではなく工事をする側も曖昧なまま工事が開始されることも少なくないようです。
そんな中で、依頼者が気になることをスルーして工事をはじめてしまうと、予想以上の費用を請求されることにもなりかねませんので、気になることは全て事前に確認したうえで、見切り発車はしないようにしてください。

02工事の進行具合を確認しよう

新築でも同じですが、工事の進行具合を現場に行って確認することをおすすめします。
工事をしている側からすれば依頼主が現場に来ることで慎重に工事を進めなければいけない良い意味でも緊張感が与えられます。
ただし、頻繁に現場に訪れて職人さんたちの邪魔になることはくれぐれもしないでください。工事の進行が遅れて、追加料金が発生してしまうかもしれません。

03ご近所への挨拶回りを行うことが大事

周囲に家が建っていない場合は必要はありませんが、そうでないなら工事中は騒音や臭いやホコリなどで迷惑を掛けてしまう可能性が高いので、事前に挨拶回りに行くことをおすすめします。
挨拶回りはリフォーム業者が代わりにやってくれることもありますが、ご近所づきあいがあるような場合は、ご自身でも行うことをおすすめします。

08リフォームはどこの業者に依頼しても仕上がりは同じなの?

リフォーム工事は、依頼する業者によって仕上がりが大きく変わる可能性が高いです。その理由は、業者にはそれぞれのカラーがあって、得意としている工事にも違いがあるからです。
したがって、リフォームを依頼する場合は、自分が希望しているような工事の実績が多くあるかがポイントとなります。
それを確認するためには、各社のホームページを見たり、直接問い合わせて過去に施工した現場の写真を見せてもらったりすると良いです。
依頼先を決めるときには、自分たちの要望に合わせた提案をしてくれるかどうもポイントです。
まずは時間をかけてそこに住む家族一人ひとりの希望を聞いて、それをしっかりまとめて提案できる能力がなくてはいけません。
家族が多くなると全ての要望を取り入れることは難しくなるので、それを上手く調整できるかどうかが大事になります。
また、業者側の意見を無理に押し付けてくるような場合は信頼しないで、他の業者を当たった方が良いと思います。
いろいろな質問をしてみて、それに対する回答が的確かどうかも、信頼できる業者の判断材料となります。誰が現場を担当するかでも仕上がりが大きく変わるため、その点もしっかり見極めて依頼先を決めましょう。

09キッチンの工事でよくある相談とは

  • キッチンの工事でよくある相談とは

    キッチンのリフォーム工事を行う際に気をつけることは?という相談をいただくことが多いです。キッチンをリフォームする場合に注意すべきことはたくさんありますが、その中から特に多い失敗例を紹介するので参考にしてください。
    見た目や収納面を大事にし過ぎたせいで、作業スペースが少なくなったという失敗をしている方がたくさんいます。
    L型キッチンを選択した方にこの失敗が多く、実はコーナー部分はデッドスペースになりやすいのです。
    また、シンクを大きくしてコンロを3口にしたら、料理をしたり盛り付けをしたりするスペースがなくなったという話も良く聞きます。
    憧れていたパントリーを備えたせいで、スペースがなくなったという方も少なくありません。上手に設置すれば収納の悩みがなくなりますが、無駄に大きくしてしまうと作業スペースが狭くなり、使い勝手を悪くしてしまうこともあります。
    収納を増やそうと思って床下収納を設けて失敗している方も大勢います。特に狭いキッチンに床下収納を設けてしまうと、出し入れする度に腰をかがめることになり、通路幅が狭いキッチンだと特に作業が億劫になってしまうようです。
    他にも、キッチンの床を滑るものにリフォームして失敗しているケースも多く見られます。

10顧客からよくある3つの質問

質問
リフォームを行うベストなタイミングとは?
回答
リフォームをしようかどうか悩んでいる方は、本当に工事することが必要なのかを良く考えてみましょう。
そのうえで、どうしてもリフォームがしたいなら、生活をより快適にしたい、生活スタイルを本気で変えたいと思っているときなので、今がリフォームするベストなタイミングだと言えます。
この先のライフスタイルの変化も良く考えて、工事に踏み切りましょう。
質問
リフォームの費用相場はどのくらい?
回答
リフォームといってもいろいろな種類があるため、費用相場を説明することは難しいですが、部分的な目安は以下の通りです。
キッチンリフォームだと50〜150万円、トイレは20〜50万円、浴室は50〜150万円、リビングは100〜150万円、廊下は20〜50万円などですが、あくめでも目安で金額も幅があるので、正確な金額は複数の業者に依頼して見積りしてもらってください。
質問
リフォームを失敗しないためのポイントは?
回答
リフォームで失敗するのは、情報収集をきちんとしないで、イメージもしっかり整理ないで工事をはじめているケースが多いようです。
工事をしてみて満足いかない結果になったときには、費用をかけていればいるほど後悔の度合いが大きくなるので、資金計画も事前にきちんと行うことがポイントになります。

11施工業者選びで注意すべき点は

POINT リフォーム工事は、壊してみなければ状態を確認できないという性質があるため、新築工事とは異なる特殊な技術も必要となります。
リフォーム工事を請け負う会社はたくさんありますが、普段からリフォームを専門に行っていなかったり、リフォーム工事の経験に乏しかったりするような業者に依頼してしまうと、後々トラブルに巻き込まれてしまう可能性を高めてしまうので、業者選びには十分な注意が必要です。
例えば、壁の中や床の下の状態をきちんと確認しないで工事をしたら、後から水漏れが起きていることや、シロアリが発生したりしていることが判明して、工事費が倍以上になったという事例もあります。
良くない事態が起きていることを見極めるには、経験豊富な職人の目や技が必要になります。ハウスメーカーなどでもリフォーム工事に対応していますが、実際に工事をするのは下請けの大工さんなどなので、職人には現場を背負う責任はありません。
それでも工事保証がしっかりしていれば良いですが、保証もなくアフター体制もしっかり整っていないようでは話になりません。
豊富な実績があって、保証やアフターもしっかりしていて、自社施工で確かな腕を持った職人や管理者がいれば、安心してリフォーム工事を任せられます。

12リフォーム工事前に知っておくべき用語

リフォーム工事をする際に、事前に知っておくべき言葉として「インスペクション」なるものがあります。これは建物調査のことで、建築士などの専門家による調査を指しています。
新築工事とは違い、古い部分を残して工事をする場合は、内部まで詳しく調べることに大きな意味があります。内部の状態を確認しないで工事を進めると、後から重大な欠陥が見つかって、リフォーム工事代よりお高額な修繕費がかかってしまうこともあります。
「エコキュート」とは、空気の熱を利用してお湯を沸かす給湯システムのことです。正式名称は「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」で、従来の電気温水器よりもかなりの省エネ効果が得られるので、覚えておいた方が良いと思います。
「エコリフォーム」とは、健康や環境に配慮した素材などを使用するリフォームのことで、広い意味ではエコキュートを使用することも含まれます。
最近使用する人が多くなっている「LED照明」は「Light Emitting Diode」の頭文字で、発光ダイオードのことです。これも寿命が長く高い省エネ効果を期待できます。
「オール電化リフォーム」とは、その名前の通りに設備機器の熱源を全て電気でまかなう住宅にリフォームすることです。深夜戦力を使用することで、ランニングコストを抑えることも可能です。

FAQ一覧

お役立ち情報

ご自宅の外壁・屋根点検されていますか?
展開
雨漏りしてからでは修理が大掛かりになることもあるため定期的な診断を受けるのがおすすめです。無料診断を利用してお住いの安全を確認しましょう。
詳細情報

PageTop